FC2ブログ

社会保険労務士“龍馬の瞳”の労務管理情報

埼玉県さいたま市のソリューション型社会保険労務士“龍馬の瞳”です。埼玉県内の中小企業の皆様に、労務管理の諸問題の解決に必要な諸情報を掲載してまいります。



当サイトは、みんなでつなごう相互リンクの輪に参加しています! みんなでつなごう相互リンクの輪 --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-05-11

プロフィール

 はじめまして

 『社会保険労務士“龍馬の瞳”の人事・労務管理情報』のサイト運営者です。

 ここに若干の自己紹介、
 ならびにサイト運営の基本的な考え方を申し述べ、
 ご挨拶に代えさせていただきます。

kako-JobPTwHyGDlwyPG0.jpg
1 自己紹介
 ① 氏名(本名):楠瀬貞義
 ② 生年月日:昭和22年9月20日
 ③ 住  所:埼玉県さいたま市北区櫛引町2-509-42 
 ④ 保有資格:社会保険労務士
 ⑤ 職  歴:国家公務員、会社員
 ⑥ e-mail :sr.ryouma@gmail.com



2 社会保険労務士“龍馬の瞳”の命名について

    幕末の英雄“坂本龍馬”の銅像が、
    南国土佐は、“桂浜”の
    海岸段丘の上に立っている
ryoum
    右手を懐に入れ、
    眼光鋭く、太平洋の彼方を見据えつつ

    海を越え国をも越えて
      夢はるか
         春を龍馬の眼は射抜きをり
      (作者:不詳)

    “龍馬の瞳”は、
     この“春を射抜く龍馬の眼”にあやかったもの
     私も眼光鋭く、人事・労務の春を射抜きたいと

    ※ 上述の短歌“海を越え”は、当時大阪で発行されていた歌誌“ささ”(綾部白夜先生主宰)に、
     昭和45年頃掲載された作者の旅行詠の中の一首です。
     歌詞に誤り(記憶違い)はないと存じますが、
     失礼なことに作者のお名前を忘れてしまいました。



3 サイト運営の基本的考え方

    “人は栄枯盛衰の担い手”
    経営者が定めた
    企業の経営戦略とその施策を実行に移す者、
    それは人

    全ては、
    “人の力”によってこそ成し遂げられる

    このことを肝に銘じ

    この難しい時代を
    労使一体となって、難局を乗り切ろうと
    日夜努力しておられる中小企業の経営者、
    そして人事・労務の担当者にむけて

    少しでも有益な情報を提供できれば、
    との願いをこめて
    このサイトを運営してまいりたい。

テーマ : 社会保険労務士
ジャンル : ビジネス

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

龍馬の瞳

Author:龍馬の瞳
はじめまして

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。