FC2ブログ

社会保険労務士“龍馬の瞳”の労務管理情報

埼玉県さいたま市のソリューション型社会保険労務士“龍馬の瞳”です。埼玉県内の中小企業の皆様に、労務管理の諸問題の解決に必要な諸情報を掲載してまいります。



当サイトは、みんなでつなごう相互リンクの輪に参加しています! みんなでつなごう相互リンクの輪 --------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-07-16

小さな会社は、人事・労務管理組織を如何に作るべきか


 今日は! 社会保険労務士“龍馬の瞳”こと、楠瀬貞義です。
kako-JobPTwHyGDlwyPG0.jpg



それでは資金力の乏しい小さな会社は、
どのようにして人事・労務管理組織を作ればよいでしょうか?



“小さな会社だから”という甘えは、もはや通用しません。

これまでのお話で、
小さな会社にも人事・労務管理の専門家が必要であるということを
ご理解いただけましたね?

人事・労務管理の専門家といえば、やはり社会保険労務士です。
あなたの会社に社会保険労務士を入れましょう。

「無茶言いなさんな!うちには、社会保険労務士を雇うだけのゆとりはないよ!」
分かっています。1人雇おうとするから無理が生じるのです。

あなたの会社の規模や日常的な人事・労務管理業務の質・量などを考慮し、
0.1人とか0.2人雇うというのはどうでしょうか?

0.1人とか0.2人雇うってどういうこと?

社会保険労務士と“顧問契約”を結ぶのです。

何だ!アウトソーシングか?
外れてはいませんが、

ここで重要なことは、
顧問の社会保険労務士を
“自社の組織の一部”として、
自社の人事・労務管理組織にハッキリと組み入れることです。

バーチャルな組織かも知れませんが、
決して、外注先などという認識ではいけません。

自社の人事・労務管理組織を構成するものと正しく認識し、
“会社の構成員たるにふさわしい役割”を付与することが重要です。

外注先に部品の生産を委託したり、工事の一部を請負契約で委託するように
単発の仕事を委託する(スポット契約)ような捉え方では、
あなたの会社の組織としては機能しません。

世の中には、ファブレスといって、生産工場を持たない製造業の形態があります。
ファブレスの会社が、
協力企業(外注工場)を“単なる外注先”あるいは“一下請け企業”として捉えているでしょうか?
自社と不可分一体の組織、即ち自社の組織の一部と考え、
強い信頼関係に結ばれた存在として捉えているのではないでしょうか?

ところで、社会保険労務士との
“顧問契約料っていくら?”くらいでしょうか?

一例として、ある社会保険労務士事務所の料金表の一部を抜粋してみますと、
4人以下の会社:月額12,600円
10人~20人:月額31,500円
30人~50人:月額52,500円
などと、なっています。

これで引き受ける業務の内容は、
労働保険・社会保険に関する届出手続き代行業務
人事労務・社会保険関係法令に関する相談・助言・アドバイス
法律改正の実務対応や各種情報の提供
などとなっています。

ここで重要なことは、顧問契約によって
日常的な人事・労務管理業務をそつなく行うための基盤”ができる
ということです。

具体的には、
労働保険や社会保険に関する届出などの手続きを代行してもらえるほか、
人事・労務管理に関する日常の相談アドバイス、さらには各種の情報提供
を受けることができます。

更には、
貴社が受けられる助成金を案内されたり、
就業規則の改定を助言されたり、
法改正への対応を促されたり、
などなど、さまざまな提案を受けることも多いと存じます。

助成金の申請や就業規則の改定など
専門的で労力を必要とする業務は別料金となりますが、
必要な提案や案内を受けられるということは、大変重要なことではないでしょうか。

貴方の会社の実情に応じ、
社会保険労務士に何を期待するかを明確にし、
近くの社会保険労務士と顧問契約を結んでみませんか。


そう、顧問契約を結んだ社会保険労務士は、貴社の組織の一部です。
明確なミッションを付与するのです。



次回のタイトルは、
社会保険労務士・特定社会保険労務士ってなに?
です。


スポンサーサイト

テーマ : 人事労務
ジャンル : ビジネス

プロフィール

龍馬の瞳

Author:龍馬の瞳
はじめまして

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。